それは また 別 の 話。 それはまた別の話 (文春文庫)

和田誠、三谷幸喜 『これもまた別の話』

それは また 別 の 話

二人きりになると昔の口癖が出てしまう。 分厚い書物を読み終えた充実感に、弦は静かな高揚を感じていた。 軽くお茶をしたら、本題。 季節の野菜の含め煮に、海の幸と根菜の天ぷら。 ありがとう。

次の

王様のレストラン それはまた別の話スペシャル

それは また 別 の 話

「おいらダイエットしてるんだよ」 「我慢は体に毒やで。 「せいっ!」 ぱぐしゃ。 「うわさを聞いた祖父も参ります」 「寺子屋終わったらどこ行くなりか? 私はみんなで天儀橋に行きたいぜよ!」 にぎやかな食事が終わったとたん、ねじが切れたように眠ってしまった娘を優しく起こして風呂に入れ、布団に寝かせて。 したがって、スピーチを頼まれても、たいていの場合は断ることにしている。 小柄な体を抱きしめ、じんわりと伝わってくるぬくもりを胸に刻んだ。 まだ幼いが発育がよく、ジルベリア風のエプロンドレスがよく似合う子だ。 月に一度の食の宴、子供たちはわざと腹をすかせ、てぐすね引いているのだ。

次の

It's a different story.:それはまた別の話だ

それは また 別 の 話

しょんぼりしている姉の顔色を伺い、朱宇子は思いをめぐらせた。 仕事上がりの開拓者に話を聞きに行こう。 それをいつかまとめて本に出来たらと思ってるだけだよゥ」 「八っちゃんの持ちネタだけで一冊作れるかな?」 「足りなけりゃ聞いてまわるのさ。 ただし、もしかしたら日本語で言い争うときよりもさらに極論が飛び出すこともあるかもしれません。 儚い美が計都の目に焼きつく。 「それはまた別のお話」この決まり文句で締めくくる物語を苦手だと感じる人もいるだろう。 鮮やかな緑が窓枠を縁取っている。

次の

それはまた別のお話。|midopas|note

それは また 別 の 話

空いた腕の中へ、いたずらな目をした子ども達が隠していたそれをぽんと渡す。 コドモはすっかり信じ、イタズラは成功を収めたようです。 「ん?なにこれ?…140円…?」 梶くんの左手に渡したのは、銀色と銅色の丸いお金。 ここ数年で病気や衰弱した人を歩けるまで快復させる為に必要な医療知識も技術も向上した。 そんなときに出会ったミヒャエル・エンデの「はてしない物語」。 父からていよく部屋を追い出された凛姫は、腰に手を当てて頬を膨らませた。 「まだ皿洗いの途中……」 「だってお父さんは忙しいなり。

次の

It's a different story.:それはまた別の話だ

それは また 別 の 話

変わらずなめらかな黒髪を揺らし真紀は家路を歩いた。 いまの「和田さんに言うからな」は、小林聡美さんのモノマネじゃありません。 糸をよるように。 あれから僕ら幾星霜 始まりが遠くに霞む 国道の朝焼け 浅虫の黄昏 辛い事 泣いた事 笑った事 一つが二つあって 手を結んだら一つで 二人が分かち合って 一つずつの夢 悲しみのない世界で 眠って 眠って 明日の事とか それはまた別のお話 冷たい雪の粒が 思い出を積み上げる夜 君は優しく笑う 春を待つ想望 ストーブがしんと鳴る部屋の中 一つが二つあって 名を呼び合えば一つで 二人が分かち合って 一歩ずつの歩み 悲しみのない世界で 眠って 眠って 明日の事とか それはまた別のお話 辛い事も 泣いた事も 笑った事も 赤くなる 夕焼けがやってくる頃に 僕らは皆赤くなる いい人も 悪い人も 怒った人も 赤くなる 夕焼けがやってくる頃に 等しく皆赤くなる 一つが二つあって 笑い合えたら一つで 二人が分かち合って たった一つの願い 悲しみのない世界で 眠って 眠って 明日の事とか それはまた別のお話. 意味わかんないでしょ? 「なぁ、杉田」 「中村、いい加減俺の名前呼ぶの…」 「好きだ」 「…は?」 うん、今俺絶対マヌケな顔してる。 「姉さんの旦那さんに会うのも久しぶり。 殊に、三谷さんの発言が面白くて、あちこちでぶぶっと吹き出しそうになりました。 なのに全然なびかないんだ。

次の

”それはまた別のお話” by amazarashi

それは また 別 の 話

心桜にはすこし大人っぽい。 私もこういった冒険を重ねたい」) 堪能したばかりの『舵天照』を閉じ、鞄の中へ入れる。 「今日は食べ放題の日ですよ、父上」 「そうでしたね。 英語でもそれは同じこと。 じゃんけんぽん。

次の