バトミントン 世界 選手権。 バドミントン・世界選手権2019 結果速報ドロー・日程放送・桃田賢斗

世界バドミントン選手権大会

バトミントン 世界 選手権

その後 3回のマッチポイントを取るが勝ち切れず敗退した。 ラケット振ってがむしゃらにいきたいと言っていたお二人。 1戦1戦出し切って優勝にたどり着けるように頑張ります。 自身より23センチも高い身長179センチの相手に、「自分の持ち味のラリー勝負でやられた」。 しかし、これが裏目に出てしまい、相手の強打にリズムを崩され「後手になってしまった」と第1ゲームを13-21で落としてしまう。

次の

女子ダブルス決勝は日本人対決!日本勢は4種目で決勝進出:バドミントン世界選手権6日目

バトミントン 世界 選手権

2ゲーム目ではミスが続いてしまい落としてしまうが、3ゲーム目でリズムを取り戻し、混戦をものにした。 B(インド) 初出場で3回戦に進出した西本拳太は、2016年リオ五輪金メダリストの諶龍(チェン・ロン)と対戦。 混合ダブルスでは、熊谷・宮崎組が初戦で出場するが、相手の長身からのショットに対応出来ず敗退。 日程・賞金・放送・選手 画像出典: 競技日程・開催地 第25回 世界バドミントン選手権大会は2019年8月19日(月)~25日(日)まで開催されます。 0 : 0• 21-11 まずまずの試合だったと思います。 女子複フクヒロ組は大接戦制す 女子ダブルスの福島、広田組は1時間20分を超える大接戦を制した。

次の

【バドミントン】2020年国際試合の大会日程・YouTube動画・結果まとめ

バトミントン 世界 選手権

下記スケジュールは日本時間です。 明日もご声援よろしくお願いします。 昨年度は男子シングルスで桃田賢斗、女子ダブルスでは永原和可那・松本麻佑ペアが優勝を果たした。 前回大会と同じく、決勝で日本勢同士の対決となる。 第2ゲームでは攻防戦になるが、相手のサーブ周りで失点してしまい惜しくも落としてしまう。 今年の大きな国際大会だとアジア選手権までが、オリンピックの出場権に関わってきますね。

次の

バドミントン2020試合日程・日本代表・結果速報の一覧!

バトミントン 世界 選手権

次の試合に向けて対策を練る。 試合時間は変更になる可能性があります。 明日は中国戦になります。 混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)もマレーシアペアに逆転勝ちし、この種目初のメダルが決まった。 女子シングルス奥原選手、女子ダブルス高橋・松友組が準々決勝進出となりました。 110分におよぶ激戦の末、見事金メダルを手にしました。 一発の重たいスマッシュを持ち、初対戦となる相手に対して桃田は「まずはコントロールしようと思って、ラリー(勝負)をしてしまった」と、スマッシュを控えてカット、クリアーが中心。

次の

バドミントン・世界選手権2019 結果速報ドロー・日程放送・桃田賢斗

バトミントン 世界 選手権

Photo by — 井上拓斗 inoue0226 Round of 64 Bye 保木 卓朗 小林 優吾 [12] Bye 園田 啓悟 嘉村 健士 [3] Bye 遠藤 大由 渡辺 勇大 [5] 井上 拓斗 金子 祐樹 2 21-18 21-11 0 Arun George Sanyam Shukla IND TOTAL BWF World Championships 2019 1回戦 21-18. above-portrait-tablet• 合宿から攻撃力とスピードを意識して練習をしていた。 本日はグループリーグで第2戦目のアメリカと第3戦目のオーストラリアとの対戦でした。 北海道・東北• 一躍脚光を浴びることになった里見選手にお話を伺いました! 世界選手権優勝おめでとうございます!優勝の感想を教えてください。 女子ダブルスでは、松本麻佑/永原和可那と福島由紀/廣田彩花がそれぞれストレート勝ち。 第2ゲームを奪われ、ファイナルゲームは互いに気力を振り絞っての消耗戦。 すると、前半のねばりが効いたのか、第2ゲームは西本がリードをつかんだ。

次の

【世界選手権2018】桃田がベスト8入りを果たすも「負けを覚悟した」<3回戦>

バトミントン 世界 選手権

鋭いドライブ、強烈なスマッシュもしっかりレシーブし、ラリー勝負になっても諶龍に力負けをしない。 普段の練習などで心がけていること 「より具体的に一つ一つのショットを高めていけるような練習を意識するようにしています。 しかし、3回戦では思わぬ苦戦を強いられた。 ただただ相手が強かった。 互いに一歩も譲らないまま戦いが続きましたが、110分におよぶ長い戦いは奥原選手の勝利で終止符が打たれました。

次の

バドミントン日本勢、史上初の全種目表彰台 世界選手権

バトミントン 世界 選手権

試合時間は58分だった。 日程 [ ] 日付 時間 ラウンド 8月21日 11:00 ラウンド64 8月22日 11:00 ラウンド64 ラウンド32 8月23日 11:00 ラウンド32 8月24日 11:00 ラウンド16 8月25日 10:00 準々決勝 8月26日 10:00 準決勝 8月27日 13:00 決勝 メダル獲得者 [ ] 種目 金 銀 銅 男子シングルス DEN CHN KOR CHN 女子シングルス JPN IND CHN IND 男子ダブルス and CHN and INA and JPN and CHN 女子ダブルス and CHN and JPN and JPN and DEN 混合ダブルス and INA and CHN and ENG and HKG 各国メダル数 [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 2 2 3 7 2 1 1 2 4 3 1 1 0 2 4 1 0 1 2 5 0 1 1 2 6 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 1 1 計 5 5 10 20 脚注 [ ]. 2-2で迎えた男子ダブルスでは熊谷・藤澤が出場し、 得意のコンビネーションと藤澤の果敢な前衛で相手を翻弄し、1ゲームを逆転勝ちで先行する。 世界選手権連覇に挑む桃田賢斗 世界選手権連覇に挑む桃田賢斗 2017年大会では女子シングルスで奥原希望が優勝。 本日は中国との対戦となりました。 奥原は「悔しいですね」と一言。

次の