ブスコパン 添付 文書。 ブスコパン注20mg

ブスコパン錠10mg

ブスコパン 添付 文書

その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 抗コリン薬としての作用で、 口のかわきや便秘、目のかすみといった症状があらわれることがある。 ブスコパンは生理痛に使える? ブスコパンは月経困難症、いわゆる生理痛にも効果が期待できます。 効能・効果 胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛 、癪 )、胃酸過多、胸やけ ブスコパンA錠/ブスコパンMカプセル製品情報 市販薬の使い方 「ブスコパンA錠」「ブスコパンMカプセル」は、15歳以上から服用可能です。 の痙攣• ブスコパンA錠の成分 ブスコパンA錠は、突然の胃やお腹の痛みに効きます。 医薬品の適正使用等に関するお知らせ• 予めご承知ください。 効能・効果• Psychopharmacology Berl. ブスコパンの膀胱炎に対する効果は泌尿器の鎮痙作用 ブスコパンは膀胱炎にも効果がありますが、その効果は泌尿器の痙攣を和らげる作用や膀胱内圧の上昇を抑制する作用によるものです。

次の

ブスコパン錠10mgの添付文書

ブスコパン 添付 文書

の痙攣• これで 20回分になります。 Pharm. 2016-07. 6 6 : 481—5. 市販のブスコパンの効能効果は「胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛、癪)、胃酸過多、胸やけ」となっており、膀胱炎や機能性下痢に対する適応はありません。 膀胱痙攣の運動機能亢進• Schmid E et al, Arzneimittelforschung, 19, 998, 1969. (6)次の診断を受けた人。 ブスコパン錠10mgの添付文書によると、調査症例のうち副作用が報告された割合は19. (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 精神神経系 頭痛 泌尿器 排尿困難 その他 顔のほてり、異常なまぶしさ まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 2.処置:過量投与時、心血管系症状が発現した場合は標準的な処置、過量投与による呼吸麻痺の場合は挿管や人工呼吸、過量投与による尿閉の場合は導尿を必要に応じて考慮する。 まあブスコパンA錠は、毎日継続して服用する薬ではありません。

次の

急な胃痛。キリキリさしこむ腹痛に。ブスコパンA錠。

ブスコパン 添付 文書

また、ブスコパンを処方してもらう時には医師や薬剤師には必ず授乳中であることを伝えておきましょう。 胆管炎の運動機能亢進• 排尿困難 (6)次の診断を受けた人。 ブスコパン服用後に以下のような体調の変化が現れた場合は、服用を中止して医療機関を受診しましょう。 この項目は、に関連した です。 また、必要に応じ、過量投与時、副交感神経興奮薬の投与及び適切な支持療法を行う。 1995. 主な禁忌はO157などの出血性大腸炎の場合や緑内障などの場合です。 下痢に使用する場合はブスコパンに適している下痢なのかを見極めてから使用する必要があります。

次の

ソリクア

ブスコパン 添付 文書

胆嚢切除後の後遺症の運動機能亢進• (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。 また、 頭痛や 排尿障害なども抗コリン薬で注意が必要な副作用です。 アセチルコリンにより副交感神経は腸管の活動を活発にしますが、腹痛が生じている状態とは腸管の運動が活発になりすぎていたり、痙攣している状態です。 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 This site might not comply with the regulatory requirements of US. (相互作用) 併用注意: 1.抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、抗ヒスタミン剤等)[抗コリン作用<口渇・便秘・眼の調節障害等>が増強することがある(併用により本剤の作用が増強されることがある)]。 Clin. 心臓病、緑内障• 1.次の人は服用しないでください 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

次の

ブスコパン錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ブスコパン 添付 文書

2 ブスコパン錠10mg 添付文書 ブスコパンの授乳中の使用 ブスコパンは授乳中でも使用出来る薬です。 甲状腺機能亢進症• また、瞳孔を開く作用もあるので、 まぶしさを感じる可能性もあります。 医療用医薬品問合せ先 薬効分類(医薬品の種類) 効能・効果(医薬品の効果が承認された疾病等) 警告(使用にあたって特に注意すべき事項等) 禁忌(使ってはいけない状態等) 併用禁忌・併用注意(同時に使ってはいけないくすり等) 更新年月日で検索 ~ 問い合わせ企業名 項目内検索(どちらの記載要領から調べても該当する新旧添付文書が検索可能)• ブスコパンA錠の成分であるブチルスコポラミン臭化物は、アセチルコリンという神経伝達物質の作用を抑えるので、 抗コリン薬と呼ばれることがあります。 ただし、吐き気に関しては、非常に稀であるものの、他の症状と同時に出ている場合、重大な副作用の アナフィラキシーショックである可能性も否定できません。 スコポラミンは、やのに対するとして研究されている。 高温環境にある患者[汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害する恐れがある]。

次の

胃痛・胸やけには、ガストール錠 製品情報|エスエス製薬

ブスコパン 添付 文書

(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 腸炎の痙攣• 尿路結石症の痙攣• 15歳未満は使用できないためご注意ください。 Pharm. 3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください (目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。 処置:過量投与時、心血管系症状が発現した場合は標準的な処置、過量投与による呼吸麻痺の場合は挿管や人工呼吸、過量投与による尿閉の場合は導尿を必要に応じて考慮する。 このような下痢に対してはブスコパンで効果があるとされています。 その結果として胃腸の過剰な痙攣や痙攣からくる痛みを抑えます。

次の